2人の作業員

鳩による糞害を食い止める方法|駆除業者が行なう対策とは

クリプトコッカス症の恐怖

男女

ハト退治は、必ずしも必要なものではありませんが毎回同じ場所に糞を落とされたのではたまったもんじゃありません。ハトの習性を一度糞をしたところに集まるので、退治のプロに依頼して対策しましょう。

もっと知ろう

家の被害の犯人

住宅

ねずみ駆除は、ねずみそのものを理解したうえでその習性に合わせた捕まえ方を行えば捕獲することができます。しかし、完全にいなくなることは難しいため駆除専門の方にお任せしましょう。

もっと知ろう

害獣を守る鳥獣保護法

女性

ハクビシン駆除には、業者選びが重要になってきます。ハクビシンは鳥獣保護法の対象動物であるため、個人でむやみやたらに捕まえることはできません。そのため、業者に依頼する場合も捕獲などの許可が取られているかどうかを確認しましょう。

もっと知ろう

空から飛んでくる害

ハト

害鳥と呼ばれる鳩の被害の多くは、マンションに住んでいる方からの声が数多くあります。マンションのベランダは、場所と構造によって鳩が止まりやすい場所になっていて、一度そこに糞をすると、鳩の習性によってそこに集まるようになってしまいます。そういった鳩の被害を業者に対策をしてもらえば、すぐに悩みを解決することができるでしょう。業者に依頼して行なう流れは以下のようになります。まずは、現地調査です。依頼者の家の構造やその場所を把握したうえで見積もりをします。この時、業者によっては出張費や別途手数料がかかるところもあるので、見積もりの依頼前に確認しておきましょう。次に、その対策方法を依頼者と確認していきます。簡単に忌避剤を用いて追い払うこともできますが、追い払うのみでは再来してしまう可能性もあります。それを防止するためにネットや剣山の設置をすることもあります。設置するものによっては壁に穴を開けて行なうケースもあるため、この時にどういった作業内容であるのかしっかり説明を聞いておきましょう。
方法が決まったら対策作業に取り掛かります。鳩駆除の専門業者といっても、鳥獣保護法によって捕獲などはできないため、基本的に追い払って、再来を防止する方法になります。既に巣が作られていたり卵または雛がいたりする場合には、狩猟免許許可というものを取得して捕獲作業をすることもあります。
これらの作業が全て完了した後は、その後の状況を追跡します。理由としては、一度対策を行ったからといって、完全に来ないといったことができないためです。業者が対策を行なったからといっても、鳩は動物であるためその行動が保証されるわけではありません。日が経過するとまた戻ってきたり、今度は別の鳩がくることもあります。そういった再来がないかを日を追って調査していきます。こうして、しばらくの時を経て、再来がなければ契約終了という形になります。業者によってアフターフォローの期間が異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

Copyright© 2016 鳩による糞害を食い止める方法|駆除業者が行なう対策とは All Rights Reserved.